上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 28日に輸液パックをS字フックにぶら下げてラインをつなぎ、チャンバーを操作して空気を抜き、あとは針をはめるだけというところまで準備を整えた。
 初めての時は菌の感染が怖いので、使用しなくても翌日には廃棄してたんだけど、毎度それでは私の財布がもたない。で、ラインをつないだあと、どれくらい保管可能なのか、ネットで調べてみた。そうしたら、一度に使い切らず何回かに分けて点滴するので、1週間くらいはぶら下げたままという記事をみっけ。(もちろん針はその都度代えている)
 念のため先生に聞いてみたら、「あまりお勧めはしないけど、3日くらいは大丈夫でしょう」とのこと。
 用意をしている間に逃げられることも何度かあったので、準備完了のままチャンスを待てるのはとてもありがたい。

 だが敵もさるもの(?)
 用意はしたものの、四六時中走り回っててぜんぜんつかまらない。
 日にちだけがいたずらに過ぎ去り、いよいよタイムリミットの水曜日。お昼前にマーが私の膝の上に乗ってきた。
 これまで安定した台の上にのせた状態でしか針を刺したことがなかったので、どうしようか迷ったけど、ネットで抱っこしたまま点滴している人を見て羨望を覚えたこともあり、思い切って挑戦してみることに。
 針を刺した瞬間「ミャッ」と鳴いて逃げようとしたけど、すかさず押さえてなだめてみる。
 いったん刺してしまうと、もう痛くはないのか、再び膝の上で落ち着いてくれた。そこでクレメン(ストッパーみたいなものね)を全開。
 そこから先はひたすら時間稼ぎだ。
 撫でて、なだめて、押さえて、こちょこちょして、時々輸液パックの目盛を見上げる。
 飽きてきて膝から降りようとするのを、またまた撫でて、なだめて、抱きしめて、目盛を見る。
 それを二、三度繰り返したところで、いよいよマーのご機嫌が限りなく斜めに。全量は入ってないけど、200ミリは越えていたので、今回はそれでOKとすることにした。
 すでにマーは腕の中で激しくもがいている。それを何とか押さえつけてクレメンを閉め、皮膚を押さえながら針を抜くなんて優雅なことはしていられない状態だったので、チューブをつかんで引っこ抜いた。
 さっそくベランダに逃走するマーちゃん。見るとお腹がたぽたぽしていて、きちんと入ったことがわかる。
 飼い主、大満足 
 
 でも今回も間隔が6日もあいてしまったのは反省材料だ。
 先生は一週間に一回でいいと言ってたけど、輸液後4日目辺りから明らかに食欲が落ちている。そして輸液をした翌日の今日は、もの凄い量のカリカリを食べた。
 ということはやはり、4日か5日目くらいに100でもいいから入れたほうがいいってことなんだろうな。

 まだまだ課題は多し。
 
スポンサーサイト
輸液の点滴って。。
うちの亡くなったみーちゃんもやっていたし。。
みゃーも先生がやっているのをみたが。。
じゃぶじゃぶ。。点滴の輸液を背中に針を刺したら輸液を絞ってた・・
人間の点滴とは違うのね・・などと思っていたが。
でも自分でやるのは難しいよね・・

インシュリンも、ものすごく少ない量なので、ちゃんと入ってるのかどうかわからなくてでも。。確かめることはできないので、そのまましかできないし。。。
あたしのやり方が悪くてケトンが出たのかとも・・

明日帰ってくるから、とりあえず頑張る!!
にゃんこさんも頑張って!!
【2013/08/02 Fri】 URL // みゅーまま #- [ 編集 ]
>みゅーままさん
血管に入れるわけじゃないから、じゃぼじゃぼ入れても大丈夫みたい。
むしろ早く入れちゃったほうが、ネコの方も楽だとか。
私も腕がもう二本あればパックを絞るんだけど、そんな余計な真似をしてたら逃げられるので、ひたすら全開にするだけ。

注射も点滴も、病院で練習する時にひたすら「これでいいんですかぁ?」と聞きまくるしかないです。あとは、ひたすら慣れ。
お互い、頑張りましょう。
【2013/08/03 Sat】 URL // にゃんこ #xO/1yxOE [ 編集 ]
マーちゃんを抱っこして出来たのは凄いですね!
輸液をした後は食欲が出るのですね、
走り回るのだから元気は良いので一安心です。
にゃんこさんも、マーちゃんも両方がだんだん慣れていくのでしょうね。
良かったです。
【2013/08/13 Tue】 URL // ゆめ #cLmVmzTY [ 編集 ]
みゃーちゃんの治療やめました・・
やはり前回の入院で手遅れだったようです・・

体重が減りすぎていた・・

今は、みゃーの最後を家で看取ることで結論しました・・
まーちゃんみゃーの分まで頑張れ!!
【2013/08/17 Sat】 URL // みゅーまま #- [ 編集 ]
>ゆめさん

抱っこだと逃げられることも多いので、最近の数回は寝込みを襲ってます。
どうも嫌なのは針を刺す時だけみたいで、いったん刺してしまうと何も感じないみたいなんですよね。
まだ双方とも、とても慣れるというレベルには達していませんが、いずれは輸液も毎日になると思うので、今のうちに練習という心境です。

幸い、この苦労はまだまだ続きそうなので、ホント頑張るしかないです。
【2013/08/21 Wed】 URL // にゃんこ #xO/1yxOE [ 編集 ]
>みゅーままさん

返事が遅れてごめんなさい。その後、みゃーちゃんの具合はどうなんでしょう?
回復する病気ではないので、いずれマーも看取る日がくると思います。
病院で最期を迎えさせたくはないけど、在宅でどこまで苦痛を取り除いてやれるのか・・・・今からいろいろ悩んでしまいます。

グレも多分腎不全だったけど、病院には連れて行かなかった。
マーと違って、私を100パーセント信頼してくれてるわけではなかったし、そんな人間に拘束されて見知らぬ場所に連れて行かれ、痛い思いをするというストレスは多大だと思ったから。
その決断に後悔はしてないけど、最期はちょっと悲惨だった。
時間的には短かったけど、見ているのは辛かった。

マーには一秒たりとも、苦痛を味あわせたくない。眠るように逝って欲しい。といって、安楽死は絶対にさせたくない。
・・・・矛盾なんですよね。
見送れるのはいいことなんだけど(逆だったらもっと悲惨)、本当に辛いです。
【2013/08/21 Wed】 URL // にゃんこ #xO/1yxOE [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
http://nyankobeya.blog118.fc2.com/tb.php/261-5b47447f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。