FC2ブログ


マーがいなくなってから1年が過ぎた。
正直、もうそんなに経ったのかという感じ。
朝、ベランダで日光浴をしているマーに、「いってくるよ、いい子でお留守番しててね」と声をかけたあの日が、数日前のことのような気さえする。

あれから、点滴セットと食器だけはようやく片付けたものの、トイレも寝床もまだそのままなのだ。
実を言うと、マーが最後にしたオシッコの砂も、まだ捨てられずにいる。
吐いた毛玉も、まだそのまま。
何も残さずにいなくなってしまったから、少しでもマーを偲ばせるものは、捨てる気にならないんだよね。

いつまでもそんなではいけないとわかってるんだけど。
最近になってようやく、子猫の動画を見られるようになった。
でもそれが黒猫だとまだ駄目。
1年経っても引きずり続けているなんて、どんだけマーに依存してたんだと、我ながら呆れてしまう。

今までネコとの別れで、比較的悲しみが少なかったのはグレくらいかなぁ。
こいつだけ、お坊さんにお経をあげてもらってて、その後法話?説話? どっちかわからないけど、いろいろ慰めてもらった。そのせいか、あんまり後悔なく送れたわけで、葬式仏教と揶揄されてはいても、それなりに意味はあるんだと納得した次第。
なのにマーは、最期すらはっきりしてないから。
どうも気持ちを切り替えるまでには、まだまだかかりそうな気がする。

・・・・もう一度、会いたいなぁ・・・・・・・・
スポンサーサイト
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言