FC2ブログ


先週の水曜日に病院。
金曜日は家で輸液。
月曜の朝、ベランダで日向ぼっこをしているのを最後に、それ以降姿を見ていない。

病院へ連れて行ったあとは、夜も外に出たままのことが多いので、今回もそうだろうとたかをくくっていたけど、朝になっても帰って来ないのは初めて。

ここにいるとまたいつ病院へ連れて行かれるかわからないと思ったのか。
隙あらば輸液をしようと、虎視眈々と狙っている私が嫌になったのか。
病院のあと、木曜金曜と用心して家に閉じ込めたから(結局脱走していたけど)、家にいるとまた閉じ込められると思ったのか。

健康な時だったらまだしも、今日か明日中には輸液をしないと腎不全が進行してしまう。

6月にも帰って来なくなった時、ここにアップしたらすぐに戻ってきたので、おまじない代わりにこれを書いてる。
今日はどうしても外せない用事があってこれから出かけるんだけど、帰ってきたら何事もなかったようにマーが部屋で待っていますように。
スポンサーサイト




先週まで、半そでのTシャツ一枚で過ごしていたのに、数日前からいきなり寒くなった。
その変化が、本当に急なのだ。
「ほんの数日で」という甘いものではなく、数時間で季節が変わったという感じ。

例えていうと、朝はTシャツで汗をかいてたのに、夕方は長袖の上にトレーナーをはおって、それでも寒くてコートが欲しいというくらいの急変だった。
人間はまだ服で調節できるけど、ネコはホントに大変だろうと思う。


暑さが苦手な私としては、寒くなるのは歓迎なんだけど、思わぬところで難題が!
室温40度の時は、輸液の温度イコールネコの体温でもあったので、「チャンス!」と思ったらいつでもどこでも、針を刺してOKだった。
でも今の気温だと、輸液パックを温めてあげないと、体が冷えて負担がかかる。
ところがね、マーの隙をみつけて「今だ!」と思っても、それから温めていたら、ちょうどいい温度になった頃には、マーは当然逃げ出していなくなってるわけだ。
おかげで先週は、300ミリが目標なのに、半分もクリアできなかった。

で、ただ今試行錯誤中。
いつでも点滴を開始できるよう、輸液をずっと温かい状態に保っておきたい。
まず試したのは、哺乳瓶ウォーマー。
でもこれは、思ったほど温かくならなかった。
次に購入したのはお弁当用保温箱。
哺乳瓶ウォーマーよりは保温効果が高いけど、ずっと適温を保つところまではいかない。
もっといい物はないかと、ネットで探してるんだけど、温度が高くなりすぎても駄目だし、なかなか難しい。
一番いいのは、湯煎したてを点滴することなんだけどね。


そういえば今年の夏は、保温箱ではなく保冷箱が大活躍した。
これはなかなかヒットでした。

久々に画像をアップしちゃお 


DSC_0109.jpg

DSC_0106.jpg

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言