FC2ブログ


 元々、出不精でヒッキーでパソコンおたくの私。
 休みの日はたいてい、朝から夜中までパソコンに張り付いている。
 ここ10年以上、遠出はしても日帰りのみ。

 それが今回、中学時代の友人たちと「旅館に泊って女子会をやろうぜ」という話になった。
 場所は近くだが、一泊である。
 さあ、どうする? マーちゃん。

 昼間の留守番は私が仕事に行ってしまうので慣れているが、夜一人(匹)で過ごしたことは生まれてこの方一度もない。
 迷ったけど、犬じゃないんだから一泊くらいは大丈夫だろうと参加することに。
 水は満タン、ご飯は山盛り。
 これなら10泊くらいしてもOKという状態にしておいて、「いってきまーす」 

 友人の一人でネコを4匹飼っているという人から、
 「泊って帰ると、ネコどもがグレてしまって、家中メチャクチャにされている」と脅され、ビクビクもので「ただいまー」 

 ・・・・部屋は無事でした。
 マーちゃんもちゃんとお出迎えに出てきてくれました。
 いつもと違うのは入念な臭いチェックが入ったこと。
 「何なの? マーちゃん。別に他ネコと浮気なんかしてないよ~」と声をかけつつ改めて部屋を見回してみたら、出て行った時と本当に何一つ変わってない。
 トイレはきれい、ご飯も盛ったまんま、水も減ってない。

 ちょっと待て、マーちゃん。お前、ハンストしてたんかい   

 チェックを終えるなり、まずエサ場に走ったマーちゃん。
 カリカリをボリボリボリ。
 その後ダッシュでトイレに。
 出てきてお水をガブガブガブ。。。。。
 オーマイガッ

 一泊だからよかったものの、もし二泊三日とかだったらどうするつもりだったのだ?
 子猫の時は、「飼い主なんかいなくても一人で生きていけるわい」という面構えと態度だったのに。
 お母ちゃんはお前をそんな軟弱な子に育てた覚えはないぞ。(いや、私がそうしてしまったんだろうな、たぶん)

 部屋を荒らされてた方が、まだマシであった。
 これはもう二度と外泊はできん。
 
 ・・・・いっそ、連れて行ってやろうかな?
 
スポンサーサイト
 一時は毎日のように部屋に入り込んでいた白ボス君だけど、最近はとんとウチの家には近づかない。
 というのも、1ヶ月ほど前だったか。
 マーの食べ残しのカリカリを盗み食いしてて、混ざっている煮干を喉に引っかけてしまったのだ。
 その途端、パニックに陥った白ボス君。
 激しく咳き込みながら大暴れし、ボーゼンと見守る私とマーの傍らをすっ飛んで逃げていった。
 自分で勝手に食っときながら、どうやら「痛い目にあわされた」 と思ったらしく、それ以来寄り付かなくなった。

 ところが昨日、久しぶりに裏の屋根で物音が。
 文字通り「喉元過ぎて忘れたのかな」と思ったけど、マーの反応が違った。
 本当に遠くで、微かにカタッと音がしただけなのに、瞬時に反応。
 ダッシュで窓際へ駆け寄るや、首を突き出して外を見る。

 白ボス君の時は、その後窓から離れて様子をうかがってるだけなのに、昨日は身を乗り出したまま「フギャァァッァァァ!!」とけたたましい叫び声を上げた。
 それでなくても冬太りででかくなってる体が、一瞬で1.5倍に膨らむ。
 尻尾も見事な羽ボウキ状態。
 後ろから見てたら、タヌキそっくりだった。

 白ボス君でなかったら、誰がきてるのかなぁと覗いてみたら、白とグレーの柄の美猫。
 体も小さいし、顔つきも幼くて、めちゃんこ可愛かった。
 ふてぶてしさ100パーセントのグレ君や白ボスとは大違いで、
 「や~ん、こんな子なら毎日でも入り浸って欲しい~~ 
と思ったけど、タヌキに化けてるマーの前ではとても口に出せず。

 
 その後、追いかけようとするマーをひっつかまえて窓を閉めたんだけど、相手とバトルできなかったマーは、八つ当たりで私の足にケンカを売ってきたのだった。
 ・・・・いやまあ、いいけどね別に。

 しかし相手によって、これほどの拒否反応を示すとは。
 ネコ団子見たさに、「機会があればもう1匹」と目論んでいたんだけど、これはちょっと慎重にならんといかんなぁ。
 でも、クロタンにはべたべたに甘え、先々先ボスの三毛にはケンカを売り、グレは受け入れ、白ボスには抵抗せず、今回のグレー猫にはタヌキになる。
 そんなマーの好き嫌いの基準がさっぱりわからん。
 
 それにしても、写真を撮り逃したのは痛恨だぁ。
 次は絶対撮るぞぉ  
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言