FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 前に、「グレ君は3週間に一度くらいのペースで外に出たがる」と書いたけど、5月中はまったく出ていこうという素振りを見せなかった。

 6月の始め頃に一度出ようとして窓際まで行ったんだけど、外を眺めながらじーーーーっと考え事をしてて、結局Uターンして戻ってきたのだ。
 なぜ途中で外出を取り止めたのか?
 「どうして3週間に一度出て行きたがるのか」という疑問と合わせて謎のまま。

 ところが10日頃から盛んに雄叫びを上げるようになり、12日に出て行って丸3日帰ってこなかった。
 とは言え、まったく心配はせず。
 だってその間も一日に数回、近くでケンカの声がしてたから。
 どうやら世間はサカリだったらしくて、疥癬にかかってた間引退していたグレに代わってシロネコが新しいボスになってたんだけど、どうもグレはこいつとずっとやり合ってたみたい。
 
 一度引退したボスが返り咲くなんてことが、ネコ社会では許されるのかどうか?
 よくわからんけど、戻ってきてからグレはまた静かになり、グータラネコに戻っている。

 新しいボス猫とやり合うくらいだし、お隣のネコがベランダに出ててグレを見て鳴いた時も、一言「フッ」と呻っただけで黙らせてしまったからかなり強いのかもと思う。思うけど、マーに対しては相変わらず抵抗せずにこそこそと逃げ回ってるんだよね。




  ← ベランダでくつろぐグレ君の上に飛び乗ったマーちゃん。



          ↓  隙間から手を伸ばして、グレの頭をペシペシ。グレが怒ると知らん顔。


bosu2

 ほとんどの動物では、圧倒的にメスが強い。
 それ故グレも、元メスのマーに敬意を払っているのか。
 それとも、先住ネコと認識して遠慮しているのか。
 又は、マーがあまりに大胆でヤンチャなので呆れているのか。

 いずれにしろ、マーがネコとしての節度をもって接してくれたら、グレの性格からして平和共存を図れそうなのに。
 残念ながらどう見ても、マーの辞書に「節度」なんて文字はないわな。

 そして今日もマーちゃんは、隙を見てはグレの頭をペシペシしている。
 。。。。。耐えてくれ、グレ君!! 
スポンサーサイト
 出自、謎のグレ君。
 人馴れしてるからマーみたいな生粋のノラではないんだろうけど、オトーサンみたいに甘えてもこないから飼い猫でもなさそう。
 第一グレは、撫でてやろうと手を伸ばすと怯えたように頭をすくめる。
 これって、私としてはとってもムカつくんだよね。
 
 マーなんか顔をめがけて勢いよく何度も手を振り下ろしても、「この飼い主は、五十肩予防の体操でもしてるんだろーか」ってな表情で、目をつぶりもしないぞ。
 警戒心に満ち満ちているのがネコの本来の姿だとしても、縁あって私に飼われる身になった以上、怯えるという文字が脳裏にあってはならないのだ。
 
 というわけで、疥癬が治ってからは隙をみては撫で撫でしている。
 最初の頃は手が体に触れると反射的に爪を立てようとした。
 でも、それが自動給餌器(グレから見た私のこと)だと気付くなり宙に振り上げかけた手を止める。ホヮッツマイケルみたいに、その後踊りだしたら面白いんだけど、さすがにそれはない。残念である。

 数日前、初めてお腹を撫でさせてくれた。
 食べてる最中、向こう側にお皿を置こうとして覆いかぶさるみたいになってしまい、「しまった」と思ったけど少し首をすくめただけで逃げ出さなかった。
 何よりこの前、首根っこをつかんで無理やり抱き上げたんだけど、「ナー、ナー」と大声で抗議するだけで抵抗しなかった。
 ほんに、よくできたお子なのだよ。

 もしこれがマーなら逃亡、クロタンなら流血、ニゴウなら後日復讐だ。
 だけど、他ネコとくんずほぐれつのケンカをしてる最中に、迷わず抱き上げられるのはマーでありクロタンでありニゴウなんだよね。
 途中飼いの難しさがここにある。

 それでも、最近は怖々とではなく普通に抱き上げられるようになったし、グレも「この自動給餌器はどんくさくて、跨ごうとして足が上がらずに蹴り飛ばされることがあるけど、わざと危害を加えることは絶対にない」と認識しだしてくれてるような気がする。

 大人になってからだと懐くのに時間がかかるかもしれないけど、決して手遅れでも不可能でもないよね。
 
 ネコの寝込みを襲うのが趣味の私としては、5年後には熟睡中のグレ君に「ワッ」と覆いかぶされるようになりたい。
 でも待てよ。グレ君って今いくつなんだろう?nade
 あったかくなってきて、ここのところ2匹ともしきりにカイカイするようになってきた。

 櫛でノミ取りするのが大好きで、「趣味」と言ってもいいほどなんだけど、更年期の過眠症状に苦しんでる今は、暇な時間がない。
 なので、不本意ではあるけど薬を使うことにした。

 まずグレ君。
 ご飯を食った後、その場でボーっとしているグレの背後に近付き、「ちょっとじっとしててね」と声をかけて首筋に滴下。
 一瞬体を強張らせたけど、そのままじっとしてる。
 全量を絞り出して、「オーケー、もういいよ」と頭を叩いてやったら、のそのそとベランダに出て行った。
 この間、約5秒。

 続いて窓際の定位置に座って外を眺めてるマー君に近付く。

  顔にでかい字で「出たい」と書いてあるが、無視して首筋の毛をかき分けてたら振り返って手を舐めようとする。
 「いいから、マーちゃん。前を向いてて」と言って、ちょろっと一滴。
 途端に、「え? 何? や~ん」と飛び上がって一階に逃走。
 
 記憶が最長10分しか続かないのが、マーの短所であり長所なので待つことしばし。
 また「おんも~」と戻ってきたので一滴 → 「や~ん」 → 「おんも~」 → 「や~ん」 → 「おんも~」
を、休憩をはさみながら一晩中繰り返してようやく朝方に終了。
 この間、約7時間!!

 グレとのこの違いは、いったい何なんだ???
 性格か。
 それとも私の育て方が悪かったのか?

 この薬って、一ヶ月毎に投与しないとダメなんだよねぇ。
 次回を想像するだけでげんなりしてくる。
 もういっそ、両手足を縛り上げてやろうか。

 うーん、しかし後が怖い。。。。。。
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。