FC2ブログ


 あっという間に十日以上が過ぎてる。
 ここらでちょっと、これまでのおさらいをしておこう。

 
 塗り塗りだけでは限界だと感じ、病院を変えて飲み薬と滴下薬をもらってきたのが10日の月曜日。
 この日よりバトル開始。  

 缶詰に混ぜたらきっちり食べ残された。 ←グレの勝ち 

 火曜日、クリームチーズに埋め込んで与えたら気付かず食った。 ←飼い主の勝ち 

 火曜の夜、水曜の朝と、薬入りチーズを食った後外出。
 戻ってきたのは金曜の夜。この時点で12時間おきという投薬の指示はすでに破綻。
 気を取り直して再び挑戦。
 クリームチーズは穴をあけたり埋めたりするのが大変なので、プロセスチーズに穴をあけてクリームチーズでふさぐ方法に変更。飢えてたせいもあって完食。 ←飼い主の勝ち 

 ところが土曜の朝は、噛んで割れたところから薬が漏れてばれてしまった!
 薬は4等分して、4欠片のチーズを缶詰に混ぜて与えるという形にしてたんだけど、その日の夜も日曜の朝も、よくて一かけら、悪くするとチーズにはまったく口をつけずじまいで、いたずらに薬が無駄になっていく。 ←グレの完勝 

 そこで一計。
 粉薬が直に舌にあたらないよう、カプセルかオブラートで包んでしまえばいいのではと思い立ち、ドラッグストアに出かけた。
 ネコが一飲みできるほど小さいサイズのカプセルは置いてなかったので、オブラートを買って帰る。
 チーズは「怪しい」と警戒されてしまってるので、カツオの叩きを購入。切れ目を入れて、オブラートに包んで小さく折りたたんだ薬を挿入。これなら少々歯が当たっても薬が漏れることはないし、匂いもシャットアウトされるはず。
 「どうだ!」とあげたら、あっという間に完食。 ←飼い主の完勝 

 とはいえ、そうそう毎日カツオの叩きが安売りされてるわけじゃない。
 翌日は角切りの牛肉で試したけど、一気食いしてくれなかったのでオブラートが溶けて匂いが漏れたらしく、半分残されてしまった。
 
 ネコの好物で、一口サイズくらいの小ささでオブラートを埋め込めて、かじってもはみ出たりせず、なおかつ安いものはないかと悩んだ末、ウインナーで試してみることに。
 これが何と大正解!!

 しばらくこれで上手くいってたんだけど、たまたま中途半端にかじられたせいで中身が露出。
 一度薬入りとわかると、以降は警戒して食いつきが悪くなる。
 次は鶏肉かかまぼこか。またカツオが安売りしてればいいんだけどと悩んでた時にまたまた外出。
 23日の朝に出て行って、帰ってきたのは次の日の夜。
 24日はウインナーで、今日はカツオに混ぜた。今のとこ食い残しはない。
 
 オブラートを使ったのは我ながらグッドアイデアだと思うけど、難点は食欲のないネコには通じないってことかな。
 それに皮膚病だからいいけど、内臓疾患や老齢ネコだと、チーズやウインナーやカニカマといった塩分の多いものは使えない。

 実はドラッグストアに行った時、「ゼリーオブラート」なるものを発見したのだよね。
 「苦いお薬をいちご味のぷるぷるゼリーが包んで、お子様が飲みやすくするゼリータイプのオブラートです。離乳中期のお子様からご使用することができます。カプセルタイプ、錠剤、粉薬など、あらゆるタイプのお薬に使用することができます。お薬の苦い味やにおいだけではなく、粉薬などの飲みにくさもなくすことができます」 
だと。
 いちご味だけじゃなく、ピーチやチョコレート味もある。

 ・・・・・・何で「サカナ味」がないのだ?  
スポンサーサイト
 疥癬の薬はそうとう不味いらしく、結局すべてたいらげるのに8時間以上かかってしまった。
 食ったからよしとしたいとこだけど、薬は12時間おきに与えなきゃいけないわけだから、このペースはちょっと困る。

 そこで以前、マーやクロタンに条虫の薬を飲ませた時大活躍したチーズに登場願うことにした。

 クリームチーズに穴を掘る→ 粉薬を注ぎ込んで穴を埋める→ チーズでふたをする。

 この要領で、一口サイズの薬入りチーズを4つ作成。
 これを缶詰に混ぜて、その上からあらゆるネコに共通の、最強の好物であるカニカマを散らす。
 多少薬の味や臭いが漏れても、カニカマが覆い隠してくれるはず。

 「これでどうだ?!」とあげたら、こっちが拍子抜けするほどあっさりと、パクパクと食ってしまった。

 3食目も完食。滴下薬も投与。
 飲み薬の方は1週間分処方されたんだけど、この分なら楽勝で投与できるぞとルンルン。
 ところがここで大問題が発生。

 水曜の朝から「出せ」と騒ぐグレ君を、天気もよかったので昼過ぎに出してやった。
 前日までは、夜には戻ってきて今度は「入れろ」と騒いでたんだけど、待てど暮らせど姿を見せない。

 薬のおかげで体が楽になったので、遠征でもしてるのか?
 何もないときならどうでもいいけど、今は12時間おきに薬を飲ませなきゃいけないのにー

 今現在、まだ現れる気配なし。
 もう寝るので窓を閉めるから、明日の夜にもし現れても60時間振りになってしまう。
 無事でさえいてくれたら、また一から始めればいいだけだから、かまわないんだけどね。 
 
 オイラックスを塗りはじめて3週間。

 象の皮膚のようだったかさぶたは消えたけど、皮膚のしわしわも毛のごわごわも目の潰れ具合も相変わらず。
 しかもかさぶたの上から塗ってた時はおとなしかったのに、今は刺激を感じるのか薬を嫌がるようになってしまった。
 これがマーなら、首根っこをつかんで羽交い絞めにして無理やりにでも塗り塗りするとこだけど、グレに対してはさすがにそこまではできない。(案外マーより無抵抗でいるかもしれないけど、この辺は信頼関係の有無がでかいのだ)

 とはいえ、今の獣医さんは塗り薬以外出してくれない。
 そこで今日、いいように言えば「セカンドオピニオン」、悪く言えば「ドクターショッピング」をしてきた。

 しかし今のとこもそうだけど、今日行ったとこも患者は見事に犬ばっかり!
 そういえばクロタンを連れて京都ではけっこう有名な「ダクタリ動物病院」というとこに行ってた時も、ネコにはほとんど会わなかった。
 飼育頭数は変わらないはずなのに不思議だ。

 とにかくそこで事情を説明。
 滴下薬と飲み薬を処方された。
 滴下の方は仕事が休みの日にしようと思い、粉の飲み薬の方はさっそくご飯に混ぜ混ぜしたんだけど・・・・・食ってくれない 
 
 錠剤はご飯といっしょにあっさり食ってくれたので楽観してたのに、なんで? そんなにこれって不味いの???

 一応缶詰を足して改めて練り練りして置いてあるんだけど、今のとこ口をつける気配もない。
 12時間毎に与えなきゃいけないのに、どうしよう 

 朝になってもそのままだったら、対策を考えなきゃならん。
 バターに混ぜてしまうか。
 チーズの中にしのばせるか。
 ササミか牛肉を混ぜて不味さを誤魔化すか。
 ペット用牛乳に溶かすか。

 そりゃ「ダニを殺す薬」ってことはある意味「毒」だから、食べないというグレ君の選択はとーっても正しいんだけどね。
 
 
 ある朝目覚めると、部屋の真ん中にウンコがあった。

 一瞬おねしょならぬ寝グソをしてしまったかと思ったけど、私のよりずっと立派。
 もちろんコロコロウンチのマーのでもない。
 「もしや」とグレの寝床を見ると姿がない。

 やったなぁぁぁ

 それまで私が寝ている間でも、決められたその寝床から動かずにいたグレ君。
 でも、もよおして我慢ができなくなったんだろう。
 それはいいとして、どこに行ったのか? 
 マーと接触してたり、寝場所を乗っ取っていたりしたらヤバイぞと、コタツの中を覗いたり、ダンボールハウスを点検したりしてたんだけど、なんと隔離部屋の中で寝ているのを発見。
 無理やり閉じ込めるのではなく、自ら進んで入ってくれたのなら、こっちとしても心の痛みを覚えることもない。
 ありがたく、そのまま扉を閉めさせていただきました。

 出入り口を塞がれたのにグレ君は騒ぐことなく、それどころか朝になっても出て行かなくてすみそうだと安心したのか、そのまま熟睡。
 仕事に行って留守の間、「出せ」とわめかれたら困るなぁと心配したけど、帰ってきたらまだ寝てた。
 その後も、ご飯をあげたり寝床のシーツを取り替えたりトイレを掃除したりしてる時に、脱走しようと思えば出来るはずなのにその素振りすら見せない。
 もう1週間以上になるんだけど、半畳にも満たないそのスペースの中で、出たがる風もなく暮らしている。(これがマーだったら、突っ張り棒を破壊して脱出するに違いない)

 それはそうと面白かったのは、部屋の真ん中に落ちていたウンコを、私がゲゲゲとぼやきながら片付けていたら、マーがトイレに走ってきばり始めたこと。
 前の晩に出してるんだから出るはずないのに???と思って見てたら、案の定小指の先ほどのがコロンと1個だけ。
 もしかして「そこでウンコしたのはあたいじゃないよ。あたいはちゃんとここでするもん」と言いたかったのか?
 ネコの頭でそういうことまで考えるものなの?

 犬やネコは、だいたい人間の4歳児くらいの知能があると言われてる。
 私は子供がいないからわからんのだけど、4歳児って濡れ衣を着せられそうになった時、そうやって無実を主張したりする?
 
 脳にしわがないと思い込んでたマーちゃんだけど、実は意外とかしこかったりして??

 
 
 
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言