FC2ブログ


 どうやら獲物を前にすると、マーの頭の中から「不可能」という文字が消え去るらしい。

 玄関ではなく、二階の窓の方からやたら出たがっていたんだけど、まだ早い時間だったから無視してた。そしたら、いつも私が開けてやるときの手順通り、「あっちを押さえて、こっちに手をかけて、それから引っ張る」とやりだしたのだ。

「げげっ」と思ったときには、すでに遅し。見事に突っ張り棚を外したマーは脱兎のごとく脱走。。。と思ったら、こっちが瞬きする間もなく戻ってきた。そして口にはしっかり、お約束のモノが・・・

 普段は思考能力のかけらもないノーテンキネコのくせに、なんで獲物が絡むといきなり天才ネコになるのか?

 獲物はカマキリだった。
 さすが昆虫界の王者。理不尽な攻撃に対して、最後まで果敢に戦い続け、鎌を振り上げた姿のまま動かなくなった。

 マーの外出を時間制にしたのは正解だった。でなきゃ、周囲の小動物はあえなく絶滅してしまうだろう。

 今日も一回目の外出でヤモリをゲットし、ただ今二回目の外出中。
 今度は何を咥えて戻ってくることやら。。。 
死屍累々

スポンサーサイト


 ベランダ側はいつでも出入り自由だけど、反対側の窓は突っ張り棚で塞いである。
 マーに外出許可を与えている夜中の数時間だけ、突っ張りを緩めて隙間を作ってやってるが、それ以外は出入り禁止。なのに、今朝目を覚ましたら棚の片方が内側に開いて、隙間ができていた。

 ???

 寝起き頭がしばし混乱。
 あれっ? もしかして、昨日寝る前きちんとしめてなかったのかな?

 一瞬後に我に返り、にゃんずを捜す。
 マーはタンスの上で熟睡中。しかしクロタンの姿がない まさか、また屋根の上を走らにゃならんのか、と焦ったが、トイレの前の板の間で伸びているのを発見。(・・・ほっ)

 なんかよくわからんけど、眠たかったからきちんと閉めずに寝てしまったんだろうと結論付け、念入りにネジを締めなおして出勤。ところが、帰ってきたら、また隙間がぁぁぁ

  となってたら、マーがひょいと隙間からご帰還。しかしクロタンの姿は見えず。またまた としてたが、試しにネコ缶をパッカンと音をたてて開けてみたら、部屋の隅からのっそりと出てきた。(・・・再び、ほっ)

 今度の今度は本当に開かないよう、しっかりと棚を固定しなおす。そしてしばらく様子をみていたら、ご飯を食べた後マーが棚の格子に手をかけ、めいっぱい体重をかけて引っ張り始めた。

 ・・・犯人はお前かい。

 ホントは台所のシンク下の戸も、爪を引っ掛けて器用に開けてしまうクロタンを疑っていたんだけど、器用さより頭脳より、おんもに出たいという情熱が何よりも勝っていたということか。

 ・・・なんか、昔見た記憶のある、脱走をテーマにした映画(題名忘れた)を思い出してしまったわ
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言