FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 職場の方の町内会から、金魚を貰った(押し付けられた?)
 地蔵盆で使った余りらしい。

 「いえ、でも私の家はネコがいますから」
 「かまいませんよ」
 「活け造りになるかもしれません」
 「いいですよ」
 「もしかしたら、踊り食いになるかも・・・」
 「どうぞ、どうぞ」

 「・・・・・」

 というわけで金魚さんたちは今、洗面器の中でのんびりと泳いでいる。幸いまだ、マーには存在を気づかれていない。

 さて、この用済み金魚さんたちの運命やいかに? 
 一回でも餌をやると情が移ってしまう私の性格としては、活け造りだけは避けたいのだが。
 一応今晩は蓋をして、明日にも水槽と隠れ家になりそうな物を用意するつもりだけど、マーが本気を出したら水槽ごとひっくり返されそうだなあ。(あっ、真下にパソコンが・・・・・・・)
スポンサーサイト
 もう書くのも嫌になってきたが、マーの戦果はまだまだ挙がっている。
 
 昨日はまたアオダイショウの子供、一昨日はトカゲ、そして今日は蝉。
 繰り返すがここは原っぱだらけの田舎ではない。路地裏までアスファルトで固められてしまっている街中だ。それでもこれだけ豊かな生物相が存在するとは、結構驚きの感動モノ。

 今日捕まえてきたのは油蝉で。なぜかマーは家に持って帰ってきたところで興味を失い、またどっかに行ってしまった。捕まえて遊ぶというより、せっせと獲物を運んでくるという風情だ。それも普通は飼い主に見せに運んでくるというが、どうもマーが見せたい相手は、私ではなくクロらしい。
 蝉にクロが関心を示さなかったので、もっといいものを捕まえてこなくてはと、また出かけていった感じ。病気で元気のないお兄ちゃんを励まそうとしているのかなあとホロリとくるが、蝉にとっても私にとってもいい迷惑ではある。

 さっきから蝉が部屋の中を飛び回ってるんだよねえ。脇の下に飛んできて首筋に回ったと思ったら、今は柱の上のほうにいる。
 寝ている間に頭にとまって、鳴きだされたらどうしよう。。。
 15日を前に、テレビでもネットでも終戦60年記念特集番組をやってる。

 見るつもりはなかったのに見てしまったのは、テレビの「象列車がやってきた」

 「上野動物園」「花子」と二つキーワードを並べただけで涙がぶわっと噴き出すパブロフの犬状態の私にとって、プロローグで「戦争」「象」と出た時点で「これはヤバイ、見ると泣くぞ」と思ったんだけど、途中何度かミュートにしながらも最後まで見てしまって、やっぱり泣いた。

 次にネットのアニメ特集で「クロのいた夏」というのをみつけ、あらすじを読んだ段階で、「これはヤバイ、見ると泣くぞ」と思ったんだけど、途中何度か早送りしながらも最後まで見てしまって、やっぱり泣いた(何をやってるんだか)。

 アニメでは主人公が何度も「クロー!」と叫んで、その度に眠りこけているクロが顔を上げてきょときょとするので面白かった。

 ホント、平和で平穏で平凡な、「三平」の日々が一番。

 「人間が食うのに必死なときに、ネコにやる食い物などあるか」などという世界には、絶対になってほしくない。
 ・・・と、最近スリッパがお気に入りで抱きしめてカジカジしているマーと、いまだ眠りこけているクロの寝顔をみつめながら、いつになくしんみりしてしまったのでした。
 朝、出かけようと運動靴を手にした途端、靴がビビビビッとけたたましい音をたてた。
 どひゃーっとびっくりして、思わず靴を投げ出したら、中から蝉が。

 ・・・・・・マーちゃん・・・

 そーいや夜中、玄関先で蝉がうるさく鳴いてたなあ。すぐに静かになったから「逃げられたな」と思ってたんだけど、まさかこんなところに逃げ込んでいたとは。
 蝉の鳴き声を聞いて、さっそくマーが飛んでくる。
 「ミアア、ミャミャミャウ(それあたいが捕ってきたの。あたいの獲物なの。返して、返して)」
 「だーめ。今の今まで忘れてたくせに。これは没収!」
 近くの植木に置いてやったら、鳴かずにじっとしてる。音はせず、姿も見えないとすぐに自分が何をしようとしてたか忘れてしまうのがマーのいいところ。もうけろっとして毛づくろいしてる。

 それにしてもこの蝉は、このところ毎日のようにマーが捕まえてきていたアブラゼミではない。
 で、さっそく帰ってきてからネット検索。どうやらクマゼミみたい。この前の蛇といい今回の蝉といい、マーのおかげで知識がどんどん増えていくなあ。(実生活に役立つとは思えんが)
 
 暑くて死にそうになってるときに、台所や表でドタドタドタと騒音がするとどっと疲れが増す。もう慣れたもので「まーた、マーが何か捕まえてきたな」ってなものだ。
 動くのも億劫で、できれば無視を決め込みたいのだが(クロなんかピクリとも動かん)、マーは私が出てくるまで「ニャーニャー(見て見て)」とうるさく呼ぶ。 ここ数日は蝉だったから、今日もその類かと見に行ってみれば・・・細長いものがにょろにょろしている。 
 
 ・・・また蛇。

 ムカデとネズミと蛇だけは、できれば持って帰ってきて欲しくないのだが、飼い主の迷惑ネコ知らず。
 体長50センチくらいか。シマヘビではないみたいなので、ネットで調べたら、アオダイショウの子供の模様と一致。ネットでは「よくなつく」とあったので、飼ってみようかと捕まえに戻ったら、すでに逃げられていた。
 私としては同じ飼うにしても、室内で放し飼いではなく、ちゃんと水槽とかに入れて飼いたかったのだが・・・

 ほっとけば勝手に出て行くか、1メートルくらいになったら嫌でも発見できるだろうと、再びパソコンに向かってたらまたまたマーがご帰還。
 ・・・今度は蝉。しかもまたまた逃げられて食器棚の後ろの隙間に飛び込んでしまった。束の間ボーゼンとするマー。でも目の前にいないと数秒で存在を忘れる。でもって、また新たな獲物を求めて飛び出していってしまった。

 今のところまだ戻ってこないけど、クロといっしょに声を合わせて叫びたい。
「えーかげんにせーよ!!」
 夜、遠くで凄まじいネコのケンカの声がする。
 不安なのか興奮したのか、マーが玄関を出たり入ったり。
 「お前はメスなんだから関係ないでしょ? いい子だからお家にいなさい」と言い聞かせてやっと落ち着く。(現役オスで関係ありありのはずのクロは、眠りこけてる)
 そのちょっと前には、「クロ~」と呼びながら歩き回っている人の声が。
 きっと飼ってるネコがいなくなっちゃたんだろうな。私も覚えがある。ミミの頃から何度ああして近所中を捜し歩いたことか。もしかしたらさっきのケンカの声の片割れが、その人の捜してる奴だったのかもしれない。

 でもなんで今頃家出? なんで今頃ケンカ? 
 まさかこのクソ暑いさなかにサカリなのか? だとしたらもう、ゴクローサンとしかいいようがないぞ。クロなんて夏負けして、”据え膳も食えない”状態。でもマーは、今日もセミをゲットしてきたくらい元気モリモリだから、短毛種はこれくらいの暑さならどうってことないのかな?(人間のほうはクロに負けないくらい死んでいるが)

 
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。