FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いつものようにパソコンに向かっていたら、台所でマーが「ニャーニャー(かまって、かまって)」と鳴く。「よっしゃよっしゃ」と傍に座って撫でようとしたら、フーッと叫んで噛み付こうとする。
 普段からお腹を撫でると嫌がって歯を立ててはくるけど、ちょっと様子が違う。かなり本気。その顔怖すぎ。

 唸り声を聞きつけて、何だ何だと駆けつけてきたクロにも、フギャーッと叫んでかきむしろうとする。
 自分のほうからフーッとやったことはあってもされたことはなかったクロは、目を丸くしてきょとん。

 どうしたの? マーちゃん、なんでそんなに怒るの? クロも私も嫌いになっちゃったの?

 暴れまくるマーを無理やり抱き上げたところで、原因が判明。

 シッポをお尻に敷いてました・・・・・・・

 ごめん、ごめん。だって体の向きからいって、こんとこにシッポがあるとは思わなかったんだもん。悪かった、許して!

 おもいっきりペコペコして撫でたら、何事もなかったかのようにゴロゴロと甘えてきてくれてホッ・・・
 マーが三歩歩けばすべて忘れるノーテンキネコでよかった。これがクロなら、一ヶ月は口をきいてくれなくなるとこだったわ。

 それにしても私にはシッポがないからわからんが、あの逆上振りからすると相当敏感な部分みたいね。そういえば「動物のお医者さん」でも、犬の尻尾にリボンを巻きつけるという話があったなあ。どんな感触なんだろ。
 
スポンサーサイト
050724



 この間のマーの成果。
 一昨日は子供の蛇、昨日はカエル、今日は蝉。

 一方クロは、虫を見ると怖がって逃げ回っている。


 マーはやたらとニャーニャーとなく。生粋の野良の子とはとても思えん。

 一方クロはニャンともスンとも言わない。一度ニャーニャーとうるさくないたときがあって、???と思っていたら、翌日スマトラ地震が起きた。黙ってたほうが平和?


 ネコってメスのほうが神経質で、オスは大雑把と思ってたんだけど、二匹を見る限りは反対だ。
 三歩歩けば過去の記憶をなくしている(?)マーと、人が口内洗浄の薬を手にしただけで怯えて耳を伏せるクロ。マーなら「えーん、不味いよー」と逃げ出しても、翌日には「何それ、何それ」と寄って来て、また「えーん」と逃げ出しているだろう。
 
 よく出来た子の方が可愛いか? 馬鹿な子ほど可愛いか?
 私の体温じゃん
 明日はもっと暑くなって、明後日はもっともっと暑くなるらしい。

 クロがいかにも辛そう。一日中あちこち場所を変えながらノビている。
 一応「ひんやりマット」とかいうものも置いてやってるんだけど、なぜか見向きもしない。暑いのは辛いけど、不自然に冷たいのはそれ以上に不快ってことなのか?

 ひたすらのたくっている私とクロを尻目に、マーだけは元気いっぱい。
 暑ければ暑いほど虫は元気になるから、狩猟好きのマーとしては寝ている場合ではないらしい。
 昨日は薄緑色をしたコガネムシ(?)をゲット。今日もせっせとお出かけしているから、何を捕まえてくることやら。
 
 思えば私も小学生の頃は、炎天下の中を走り回っていたなあ。
 やっぱ歳なのかしら。ねえ、クロタン。
 暑い、暑い、暑いよー{/ase/}

 「暖かいところ、涼しいところはネコに聞け」という諺があるが、最近のマーは朝8時にどこかへ姿を消し、夜の7時頃まで戻ってこない。つまり昼間のウチの中は地獄だってことだろう。唯一ベランダだけ風通しがいいんだけど、そこはクロがしっかりと陣取ってるしなあ。

 クーラーはあることはある(ウィンドクーラーだけど)。去年、あまりの猛暑に、「マーはともかく、長毛種のクロがあまりにもかわいそう」ってなわけで買った。「ネコは一般にエアコンは苦手です」という記事をみつけたのは、買った後だった。その記事が正しいことは、クーラーをつけるなりクロが部屋からすっ飛んで逃げたことで証明された。

なんで~? お前のためにない金をかき集めて買ったんだぞー

と、思い切り嘆いてみたものの後の祭り。にゃんこが嫌がるものをつけるわけにはいかない、というわけで暑い!と喚きながら扇風機にしがみついている。

 あいつらはいいよな。涼しい場所をみつけて、そこで日がな一日寝てればいいんだから。
 暑くてもせっせと働くのは、汗腺を持ってる人間と馬だけらしい(だったらそんなもんいらんぞ)

 若い頃は寒いのが苦手で、冬眠したいと真剣に思ったが、歳をとるにつれ暑いのが苦手になってきて、最近は夏眠したいと切望している。それかヨーロッパみたいにバカンスの制度があればいいのに。
 クロとマーを連れて、一ヶ月ほどでもこせこせした都会を離れてのんびりできれば・・・いいなあ・・・生き返るだろうなあ

 貧乏人には夢のまた夢だが。
 マーが何か獲物を捕まえて帰ってくると、普段と違う声で鳴くのですぐわかる。

 今日もその声がしたので、「はいはい今度はなんですか?」と見に行くと、黒白斑点模様の触覚の長い虫。
 子供の頃鉱物図鑑と植物図鑑と昆虫図鑑が座右の書だった私は、そのはるか彼方の記憶を必死になって手繰り寄せた。
 「もしかしてこれ、マダラカミキリ?」

 隅から隅までアスファルトで塗り固められたこの街中にも、探せばこんな懐かしい虫がちゃんと生きているのか、としばし感動。でもマーちゃん、こんなのいったいどこから拾ってきたの?

 頑丈な顎で反撃するし、追い詰めると飛ぶし、触ると体に似合わないでかい声で鳴くしで、ヤモリと勝手が違ったのか、結局逃げられてしまったみたい。これでさして広くない私の部屋に、ヤモリ二匹とアオちゃんとカミキリムシまで潜んでることになってしまったわけだ。

 虫は嫌いではないのでいっこうにかまわないけれど、どうせならオオクワガタでも持って帰ってきてくれないかなと、秘かに期待してしまう私。無理ならカブトムシでもいいんだけど・・・
 
 今日もとっても静か。
 体調が万全でないことに加え、ペルシャの血もあるのか、クロはほぼ完全室内飼い状態。
 マーはといえば、クーラーのない地獄の部屋を敬遠してか、昼間はどっか遠くにいって姿を見せず、夕方と朝の短い時間家の周囲をうろつくだけ。

 クロがまだ元気で、マーの避妊手術をする直前の3月頃は、何匹ものネコが走り回るは、泣き喚くは、ケンカはするはで、確かにとってもご近所迷惑だったけど、今は本当に何の問題もないと思う。
 
 なのにお隣は歩いている姿を目にしたというだけで文句を言い、ネコよけスプレーをこれでもかとばかりに撒きまくっている。いくら隣接しているからって、ウチの玄関の前にまで撒くのは、越権行為じゃない? 周囲の私有地も公道もみなあんたの土地なの?
 その人の気配がしただけで、クロもパニック状態で怖がる。もしかしたら私が気づかないところで、その人にひどい目にあわされたのかもしれない。

 逆隣りは犬を飼ってて、お向かいは動物好きで、斜め前は昔ネコを飼っていて、みないい人ばかりなんだけど、クロの怯えようを見ていると、ここに住み続けるのはもう限界かなと思う。

 というわけで真剣に物件を探してるんだけど、引越し先で同じような人がいないとは限らないだけに難しい。

 「子供に優しい街」宣言をしている自治体が増えているらしいけど、どっかに動物好きばかり集まってる町内ってのはないかしら。ここを選んだときは近くの駐車場の車の上でネコがひなたぼっこしてたりして、いい環境だなあと思ったのに、まさかただ一人こんな人がいるとは・・・
 今日は激しく落ち込んでます。
 
 いつものようにネコ草取りに川沿いの道を歩いていたら、ミウミウという声が。
 思わず「出たー」と心の中で叫んでしまった私。そう、この時期どっと増える捨て猫だ。
 植え込みの中に隠れてて姿は見えない。でも近くにスーパーの袋が落ちてたから、その中に入れられて捨てられたんだろう。
 どうする?と自問自答するが、答えははっきりしている。これ以上は飼えない。お金とご近所問題以外にも諸事情があって、どうしても二匹が限度なのだ。だからといって、すたすたと立ち去れたら苦労はしない。どうしようどうしようとしばらくその周りをウロウロ。

 クロも同じように川沿いの植え込みの中で鳴いてた。あの時は夜でまったく姿が見えず、あてずっぽうに腕を突っ込んだら体に触れたんだった。今日は昼間だから明るいのに、葉を掻き分けても姿は見えず腕を入れても何も触れない。
 「これはきっと縁がないってことなんだろう」と自分に言い聞かせてその場を後にしたけど、気分はどうしようもなく重い。
 いずれ空腹に耐えかね、子猫は繁みの中から出てくるだろう。そうしたらたちどころにカラスかトンビの餌だ。我慢して隠れ続けていても、数日は大雨の予報だから衰弱死してしまうだろう。なのに助けてやれず、見てみぬ振りをするしかなかった自分・・・

 どうして捨てるんだろう。飼えないなら避妊手術をすればいいのに。親猫の庇護を失った子猫は、ほとんどが数日中にカラスに食われてしまうってことを知らないんだろうか。それとも自分が見てないところで起きることなら、別に心は痛まないと?

 今もまだ、あの鳴き声が耳にこびりついてる。こうやって一つの命を見殺しにする度、鬱の谷間に落ち込んで、人間として生きているのが嫌になってくる。願わくばあの後、余裕のある動物好きの人が通りかかって、拾われていますように。。。。
 
 
 アオちゃんが食欲旺盛なため、さんしょが丸裸に。近所の花屋を回ったけどどこも置いてなくて、今日仕事が終わってからデパートまで出かけてようやくみつけた。なのに、帰ったらアオちゃん行方不明!!

 どこかで人知れず蛹になってくれてるならいいけど、考えてみれば部屋には動くものなら何でも食ってしまうマーと、そのマーの魔手から逃れたヤモリが生息してるんだった。

 頼むから無事でいてくれよー

 アオちゃん

なんじゃこりゃ


 やっぱ、ちゃんとしたデジカメを買わんとあかんわ。
 昨日撮った青虫の写真がまた消えてた。どうやら電源をオフにして何時間か経過するとクリアされてしまうみたい。これでは怖くて大事な写真は撮れない。しかも致命的なのは、ある程度以上の明るさがないと撮れないってこと。
 特にマーみたいな黒猫は、真っ黒な塊りになってしまって何がなんだかわからん。。。
 
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 にゃんこの独り言 all rights reserved.
お気に入りサイト
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ

にゃんこの独り言
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。